予想外! はちみつの使い方【美容・健康】

あれやこれやに万能に対応! はちみつの意外な用途とは

「ミツバチが生み出す万能はちみつ」

あなたのそばに「はちみつ」、ありますか?
今は食品関連だけでなく、ハンドクリームやシャンプーなど美容の方面でも注目されています。
今回はList25より、ミツバチの歴史とはちみつの一風変わった用途を紹介していきます。
そのはちみつは皆さんご存知のとおり、ミツバチがせっせと花を転々と集めて貯めた蜜のこと。ミツバチは地球上でもっとも魅力的な生き物のひとつとして考えられています。
ミツバチの歴史は恐竜がまだ惑星を歩き回っていた白亜紀――一億年前から、はちみつを作っていたとされています。
はちみつ454mgを生産するために、ミツバチは200万本の花を訪問しなくてはいけません。その距離は8万8514km以上飛ばなくてはならず、大変な努力家ともいわれています。
しかし、その勤勉にもかかわらず、平均的なミツバチの寿命はわずか28~35日。そのあいだにティースプーン1杯ほどのはちみつを生産します。

「夜間の咳を和らげる」

咳夜間の

少なくとも2つの研究において、はちみつが市販の咳抑制剤と抗ヒスタミン剤と比較された結果、双方の薬よりはちみつが夜間の咳を減らすことができると証明されました。
殺菌作用のグルコン酸が働いているためだといわれています。咳を止めるほかにも、傷口に塗って細菌の増殖を防止する助けになるとも。

「二日酔いの助っ人」

二日酔い

「フルクトース」という果糖の濃度が高いはちみつ。はちみつには、果糖とブドウ糖が含まれており、ともに「単糖類」と呼ばれています。
アルコールをより早く消化するためには、1さじのはちみつをお好みのお茶に溶かして飲むのがオススメ。
はちみつに含まれる単糖類は吸収が早く、脳を助けて、効率よく働くエネルギー源となってくれるので、二日酔いでグラグラした頭もスッキリさせてくれることでしょう。

「ダイエットのパートナー」

ダイエット

List25がもっとも驚いたのは、はちみつがダイエットのパートナーとなりえること。
はちみつは代謝を促進することができます。「もうちょっと代謝を上げたい……」とお考えの方には朗報です。
同じように緑茶にも代謝を促す効果があるので、午後の休憩の一杯に少し甘いものがほしいと思っている方は、ぜひはちみつを使ったものを。

「クレンジングにも」

洗顔

化学製品でポンプ輸送される大部分の洗顔料とは対照的に、はちみつは自然の成分で皮膚からバクテリアと不純物を除去する抗生特性があるのだとか。

「妊娠中の不快感に」

妊娠

多くの女性は妊娠中に痛みを経験します。それはなかなか避けることができないもの。
しかし、ここでもはちみつが大活躍。はちみつには、胸やけや朝の吐き気を楽にする手助けをすることができるのだとか。
ミルクとはちみつを混ぜ合わせて飲むと、胃酸を適度に中和させることができます。とくに寝る前には役立つのではないでしょうか。

「フケにお困りの方へ」

ふけ

フケやパサついた髪にお困りなら、はちみつパックはいかがでしょうか。
ビタミンB2、B6、C、ポリフェノールなど肌や髪にやさしい成分が豊富に含まれていること、浸透性、保湿性が高いことから、つややかな髪も期待できるのだそう。
9(はちみつ):1(ぬるま湯)でできるから簡単。シャンプーやトリートメントに少量混ぜるだけでも。

「はちみつと私」

あなたの知らないはちみつ効果はありましたか?
はちみつといえば、スーパーの本部で働いていた正社員時代によくサンプルを持って帰った食品のひとつ。一人暮らしだった頃はどう使えばいいのかわからず、シンクの奥に眠る……ということがしばしばありました。
自社ブランドを立ち上げるときに、数種類のはちみつを味見して、本部内でアンケート調査を実施したことがあります。そのときに初めて、はちみつにもメーカーによってさまざまなのだと知りました。
今はカレーやトースト、ドレッシングを作るときに使うのが主。少し甘めの紅茶を飲みたいときにたらすことも。

DSC_0670

先日、高熱と咳に苦しんでいました。夜中に咳をして目を覚まし、ゲホゲホしたまま止まらないし、喉は痛いしで大変でしたが、次回からははちみつで対応したいと思います。
List25では他にもはちみつの意外な使い方について紹介しています。あなたのお困りに効くのは、もしかするとはちみつかもしれません――

http://list25.com/25-unexpected-and-unusual-uses-for-honey/5/

List25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
錦織小町@ささ脳

錦織小町@ささ脳美術モデル

投稿者プロフィール

表現者。1988(昭和63)年大阪府生まれ。近畿大学中退、大阪コミュニケーションアート専門学校卒業。三年間の会社員生活を経て、現在は執筆、美術モデルを主な活動としている。生きている意味、自分にできること、しなければいけないことは何かを問い続ける。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る