わたしの郷の「愛してる」!男性から好かれる日本全国47都道府県女性の人気の方言ランキング

一度は言われてみたい……訛りのある、愛くるしい告白

日本全国の美女たちが、ご当地方言で愛の告白!

実はこれ、資生堂の「告白メーク」というキャンペーンビデオ。

メークを施して綺麗になった彼女たちが、方言で大好きな彼や家族、友人たちに、普段は恥ずかしくて言えない「好き」や感謝の気持ちを告白する。

なかなか方言を聞く機会も少なくなっている昨今、一度は見ておくべき、聴いておくべき、萌えるべき!? 男性はとくに、必見。

人気の方言ランキング

近年はテレビやラジオの影響で、標準語が浸透しているために、各地の方言は衰退、変容を余儀なくされた。各地でアクセントは保持されているが、語彙は世代を経ていくほどに失われていく。現在では、方言を守る動きもあり、各種テレビ番組やCMでも、地方の方言を持ち上げる演出がされている。

方言ランキングによると、京都弁が1位
清楚、品がある、聞いていてほんわかする、とのことで人気を思いのままにした。
とくに敬語の「~しはる」などが心を鷲づかみに。

僅差で2位の博多弁は、九州の王道の方言。
博多弁独特のイントネーション、響きに惚れてしまう方が多いようだ。

続いて3位は沖縄弁
方言はあまり聞き慣れないですが、綺麗な人が多いと言われているのも事実……。

優しくて穏やかな感じがする、と好評で、聞いてもさっぱり意味がわからない、というところに魅力を感じている方も。

4位にこれも方言の王道、大阪弁がランクイン。
やや強めの印象があるが、明るいイメージがあって悲しい気分も吹き飛ばしてくれそう、人情味がある、なぜか親近感がある、と人柄を評価されている部分もあるようだ。

5位に広島弁。語尾に「け」や「じゃけ」、「じゃけん」がつくのが可愛い、とその評価は高い。
美人も多いと言われている広島県。さらに愛らしい語尾でメロメロになる男性は急増中?!
動画の中で出身地の方言で喋る彼女たちは、普段話し慣れていないからか、なんとなく不自然なところもある。

服装や雰囲気からはまったく地域性を感じられないからだろうか……とは思うものの、やはりどの娘も可愛らしい。

関東、関西圏では、各地であまり差がないようにも感じるのに対し、北海道、東北、北陸は県ごとにそれぞれ個性があって「これぞ方言!」。

地域によっては、訛りすぎて下の字幕を見ないとわからないものもあるが、それでもなんとなく伝わる。
満面の笑顔で告白されたことを我が身に置き換え想像すると、あまり詳しいことを聞き返すわけにもいくまい。

まとめ

「方言求む!」な男性は結構多いように思う。私が京都で勤務していたとき、京都弁を聞きに来た、という観光客はたくさんいた。
求められるほどに背中に汗を感じるのは、私は大阪生まれの大阪育ちで、現在は滋賀に身を置いていることにある。

さらに会社員の経験から、敬語を使うことが多くなったせいか、大阪弁の訛りもほぼない。がっかりされるといけないので、なんとか関西弁を捻り出そうとする日々はそう少なくはなかった。

田舎を出て、都会で暮らしている貴女。

ここぞというときに、方言をポロリと出すのは案外効果的かもしれません。
普段はきちんと標準語や敬語で話すけれど、飲み会やプライベートで、ふとした瞬間に――。

世の男性は密かに、方言を求めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
錦織小町@ささ脳

錦織小町@ささ脳美術モデル

投稿者プロフィール

表現者。1988(昭和63)年大阪府生まれ。近畿大学中退、大阪コミュニケーションアート専門学校卒業。三年間の会社員生活を経て、現在は執筆、美術モデルを主な活動としている。生きている意味、自分にできること、しなければいけないことは何かを問い続ける。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る